グリーンレーザーポインター 安全

レーザー出力波長は、視認性の高さから利用される。カラス レーザーポインターとして一般に利用される製品では法的な出力制限もあるため、同出力でもより「見易い」色のほうが理にかなっているためである。また、外科手術における 利用や、先天色覚異常者による視認に関しても赤色レーザーよりも緑色レーザーの方が発見しやすいという意見がある。緑色レーザーポインターでは DPSS(ダイオード励起固体レーザー)方式の製品が低価格化し普及しているが、光学機器としての部品点数が多く、また電子回路も複雑なため、一般的に赤 色レーザーポインターよりも高価な傾向がある。製品グレード(価格帯)により出力安定性や落下時の耐衝撃性に違いがある。特に温度特性が赤色レーザーポイ ンターよりもシビアなので、数百秒以上照射が持続できない製品が低価格品に散見され、長時間照射不可と明記している製品も存在する。なお前述したとおり、 同系色の画像ではレーザーポインターの光点が見えにくくなるため、背景色に赤が多い映像では緑色HTPOWレーザーポインターが選択される。

532nmに変換される前のYAGの基本波である赤外の1,064nmのレーザー光は、グリーンの波長に100%変換される訳では無く、IR(赤外線)フィルターが無ければ、構造上その赤外のレーザー光も同軸上から出てきてしまいます。
赤外の超強力レーザーポインター光は人間の目では感知が出来ないだけでなく、波長が長いので目蓋を閉じても網膜にまで達してしまう事があり危険です。

基本的にはこの『波長』で差があるペン型レーザーポインターは無い筈ですが、IRフィルターが搭載されているかどうかと言うのは仕様値として記載されている商品を見た事はありませんが、出来るなら確認をした方が良いのかもしれません。

超強力レーザーポインター

赤 有ります 緑 あります 青 有ります 黄 有るようです(オレンジ色にも見える) それ以外にパープルも有ります 怖いのは赤外線です(目に見えない) 青緑ですがメーカーによってはグリーンがそのように見えるもの、ブルーが見えるものがあります 「レーザーグローブ青レーザーポインター」等、色名を付け検索してみてください

レーザーポインター 通販 として知らレーザーポインター(レーザーポインタ)、ペンスターを指すが、ポータブル、簡単にハンドグリップ、レーザモジュール(ダイオード)であるように設計可視レーザーペン型エミッタに加工されている。一般的には、赤色レーザーポインター2000mw(650-660nm)、緑色(波長532nm)、青(445-450nm)等の青紫色光(波長405nm)とを有している。一般的に報告されます、教えは、光をキャストするためにそれを使用します大学の講師は、ポイントや光のオブジェクトのポイントを反映していた。

レーザーポインターについて質問です。500mWのレーザーポインターで紙に穴を開けたりマッチに火をつけることは可能ですか。また、同じ500mWの出力の赤、緑、青のレーザーポインターで紙に穴を開けたりする能力に
差はあるのですか。波長の短い青の光はエネルギーが大きいと聞いたのでので…
500mwもあればどの波長も十分燃焼可能です。波長が短い、長いというのも一点に集中するエネルギー密度は短いほうが高いですので一点の燃焼力であれば波長が短い方が有利だと思います。
またグリーンレーザーポインターと呼ばれるものの多くは半導体レーザー照準器を使用しておりそれの特性上たとえレーザーポインター 高出力といえど焦点があり、光を集光するレンズの違いなどでもエネルギー力が変わりますのでそういう関係でも燃焼力に差が出ると思います。

http://laserscheap.2363020.n4.nabble.com/night-laser-light-td2.html

http://laserscheap.myblog.de/laserscheap/art/9583031/high-temperature-laser