レーザー発振波長

レーザー管理区域
(1) レーザーカラス撃退管理区域を囲い等により、他の区域と区画し、標識等によって明示すること。
(2) レーザー管理区域は、関係者以外の者の立入りを禁止し、その出入口には必要に応じ、自動ロック等の措置を講じること。
(3) 関係者以外の者がレーザー管理区域に立入る必要が生じた場合は、レーザー機器管理者の指揮のもとに行動させること。
レーザー機器
(1) レーザー光路に対する措置
イ レーザー光路は、作業者の眼の高さを避けて設置すること。
ロ レーザー光路は、可能な限り短く、折れ曲がる数を最小にし、歩行路その他の通路と交差しないようにするとともに、可能な限り遮へいすること。
ハ レーザー光路の末端は、適切な反射率及び耐熱性を持つ拡散反射体又は吸収体とすること。
(2) キー・コントロール
レーザーポインター機器は、キー等により作動する構造とすること。
(3) 緊急停止スイッチ等
レーザー機器には、次に掲げる緊急停止スイッチ等を設けること。
イ 緊急停止スイッチ
レーザー光線の放出を直ちに停止させることができる非常停止スイッチを操作部及び必要な箇
所に設けること。
ロ 警報装置
レーザー光線を放出中であること又は放出可能な状態であることが容易に確認できる自動表示
灯等の警報装置を設けること。
ハ シャッター
レーザー機器のグリーンレーザーポインター光線の放出口には、不意にレーザー光線が放出されることを防止する
ためのシャッターを設けること。
(4) インターロックシステム等
レーザー管理区域の囲いを開け、又はレーザー光路のしゃへいを解除した場合には、インターロック機能等によりレーザー光線の放出が行われないようにすること。
(5) レーザー光線の放出口には、その旨の表示を行うこと。
作業管理・健康管理等
(1) レーザー機器の操作
レーザー機器の操作は、レーザー光路からできるだけ離れた位置で行うこと。
(2) 光学系調整時の措置
レーザー光線により光学系の調整を行う場合は、調整に必要な最小の出力のレーザー光線によ
り行うこと。
(3) 保護具等の使用
工事用レーザーポインター光線の種類に応じた有効な保護眼鏡(注)を作業者に着用させること。
ただし、眼に障害を及ぼさないための措置が講じられている場合はこの限りではない。
注)レーザー用保護眼鏡(メガネ形式とゴーグル形式がある。)を用いること。
ロ できるだけ皮膚の露出が少なく、燃えにくい素材を用いた衣服を作業者に着用させること。特に溶融して玉状になる化学繊維の衣服は、好ましくないこと。

工事用レーザーポインター
(4) 点検・整備
イ 作業開始前に、レーザー機器管理者にレーザー光路、インターロック機能等及び保護具の点検
を行わせること。
ロ 一定期間以内ごとに、レーザー機器について専門的知識を有する者に次の項目を中心にレーザー機器を点検させ、必要な整備を行わせること。
[1] レーザー光線の出力、モード、ビーム径、広がり角、発振波長等の異常の有無
[2] 入力電力、励起電圧・電流、絶縁、接地等の異常の有無
[3] 安全装置、自動表示灯、シャッター、インターロック機能等の作動状態の異常の有無

https://sumally.com/offers/3151917415867195421
[4] パワーメーター、パワーモニター等の異常の有無
[5] ファン、シャッターその他の可動部分の異常の有無
[6] 冷却装置、ガス供給装置、有害ガス除去装置、粉じん除去装置等の異常の有無
(5) 安全衛生教育
レーザー彫刻機業務に従事する労働者を雇い入れ、若しくは労働者の作業内容を変更して当該業務に
つかせ、又は使用するレーザー機器を変更したときは、労働安全衛生法第59条第1項又は第2項に基づく教育を行うこと。この場合、特に次の事項が含まれるよう留意すること。
[1] レーザー光線の性質、危険性及び有害性
[2] レーザー機器の原理及び構造
[3] レーザー機器の取扱い方法
[4] 安全装置及び保護具の性能並びにこれらの取扱い方法
[5] 緊急時の措置及び退避
(6) 健康管理
レーザー業務従事者については、雇い入れ又は配置替えの際に視力検査に併せて前眼部(角膜、水晶体)検査及び眼底検査行うこと。